カンナビの井戸(cannabinoid)

CBD商品タイプをアイドルグループにたとえると…

  • 2020.07.31
  • 更新日:2020.08.06
  • 国内
CBD商品タイプをアイドルグループにたとえると…

こんにちは、 CBD情報局「カンナビの井戸」のカンナビです。

早いもので7月も今日でおしまい。

昨年12月1日に始めたこのブログも明日で9ヶ月目に突入です。

半年が過ぎようというこの5月下旬、ちょうど世の中でコロナ外出自粛ムードが少しゆるみだした頃から、このブログに取り組む姿勢が少し変わりました。

もともと選ぶ題材や文体が硬めだからなのか、お仕事モードのままリラックスせずに書いていることに気が付き、以後は徐々に週末モード(?)的な題材やスタイルへ。

7月に入ってからはキャラを少し前面に出すようになりましたが、今日はその7月の締めくくりということもあり、思いっきり自然体で書くことにしました。

 

え、2020年も早や後半戦?! 「CBD」って感じですよね~

CBD商品タイプを…

ということで、今日のテーマは「CBD商品タイプをアイドルグループにたとえると…」です。

ただ、「商品タイプ」といっても「CBDオイル」や「CBDグミ」「CBDリキッド」など、商品形態や摂取形態という意味での「商品タイプ」ではありません

CBD製品に含まれるCBD成分やその他諸々の成分構成という意味での「商品タイプ」のこと、つまり「フルスペクトラム」や「ブロードスペクトラム」、「アイソレート」と呼ばれるものの話です。

が…

これら2つの切り口の話はそれぞれ以前の記事で触れたので、それは以下の文中に過去記事を挟み込むことにして、今回は早速本題に進みたいと思います。

ちなみに、CBDに関するマトモな情報に期待して読まれると申し訳ないので予防線を張っておくと、今回の中身は記事タイトル通り、薄っぺらです。

商品分類「CBDトピカル」と聞いて連想するのは…

アイドルグループにたとえると…

ということで本題。

前述のアイソレートからフルスペクトラムまでを手っ取り早く説明しようとすると、引き合いに出しやすいのはやはりAKB48。

「フルスペクトラム」のCBD製品の場合、カンナビノイドという名称で総称される、大麻草由来のさまざまな成分がほぼフルに含まれています。

日本では、特にvapeで吸うCBDリキッドの場合、「フルスペクトラム」の定義が曖昧になっている印象を受けますが、本来はCBDほか国内では違法成分のTHCや、まだ海外でも十分な研究が進んでいない、100種類以上ある他のカンナビノイド類も含むタイプがフルスペクトラムです。

このカンナビノイド類の「全体」を本家「AKB48」に限定するのか、あるいは「AKB48グループ」全体とするのかはさておき、比較対象とするアイドルグループの方に目を向けると、AKB48系の場合、数十あるいは百を超えるいろいろなカンナビノイド成分…じゃなくてメンバーがいます。

存在感の薄いメンバーも多いので、コアなファンでもなければ全員の名前と顔が一致しなくても当然。

歌唱やダンスの技量もマチマチですが、中には将来的にCBDのような存在感のある効能(?)を現わすメンバーもいるかもしれません。

ということで、とりあえずフルペクトラムは「フルメンバー」あるいは「全員集合」に相当する感じです。

そして、その中から一部の派生ユニットとして組まれたものがブロードスペクトラム。

前述の「全体」をAKB48を中心とした「AKB48グループ」とするなら、ブロードスペクトラムに相当するのはたとえばAKB48、あるいはSKE48など個々のグループになります。

そしてアイソレートに相当するのはソロデビューしたメンバー。

ちなみにアイドルグループの場合、ソロデビューというのは間違いなくグレードアップですが、CBD製品の場合、アイソレートはCBDの純度、つまりCBD「成分」の含有率は高いものの、他のカンナビノイド類や、テルペンというタイプの成分類が含まれてないため、CBD「製品」の中ではCBD成分の引き立て役がいない、完全ソロ状態

これが良いのか悪いのかは、個々のファン次第ですが、日本の場合、ブロードスペクトラムであっても違法成分THCの残留リスクがあるため、アイソレート系は…敢えて昭和~平成の死語を使いますが、日本では「赤丸急上昇中」という感じです。

欧米の多くの国では0.2%または0.3%以下のTHC含有は法律上問題ないということもあり、THCならではの諸々の効能をはじめ、プラスの相互作用があるとされるカンナビノイド類が多く含まれるブロードスペクトラムやフルスペクトラムが好まれ、アイソレートはどちらかというと原料や強化剤のような位置付けです。

アイドルグループのたとえ話に戻すと、特定のメンバーだけに入れ込むファンもいれば、集合体としてのグループに入れ込むファンもいるという感じでしょうか。

では、CBDには誰が相当するのか…ですが、残念ながらカンナビはAKB48系というか最近のアイドルのことはあまり分からずここで挫折です。

ちなみにジャニーズ事務所や、EXILE、三代目 J SOUL BROTHERS などのLDH系アーティストでも同様の比較分析(?)ができそうですが、男性系はさらに分からないので断念。

でもここであきらめず、女性グループ系限定で時代をさかのぼってみると…

CBD製品の「スペクトラム」とTHC

さらに時代をさかのぼると…

AKB48の一つ前の好例というと、やはり…

デビューは1997年とかなり昔になりますが、現在も活躍する、モーニング娘。ですね。

モー娘。をフルスペクトラムに例えるなら、ブロードスペクトラムはグループ内ユニットの「タンポポ」、「プッチモニ」や「ミニモニ。」。

全体の母数が少ないのでAKB48に比べると小規模感は否めませんが、AKB仕掛人の秋元康と違い、モー娘。生みの親つんく♂の場合、自身もミュージシャンということが影響したのでしょうか、グループとしての全体的な歌唱力などはAKB系よりも高かった記憶があります。

アイソレートに相当するのは、初期にソロデビューしたメンバーでいうと、ソロの時だけ「中澤ゆうこ」だった中澤裕子、「ゴマキ」こと後藤真希、「なっち」こと安倍なつみ辺りでしょうか。

ちなみにこの時代だと、グループではありませんが、安室奈美恵やSPEEDなど、90年代後半から2000年代にかけて一世を風靡した、沖縄アクターズスクール系でも全体をフルスペクトラムに例えて比較分析(?)できるかもしれません。

そしてさらに時代をさかのぼると…

…秋元康AKB48 プロデュースの原点、80年代のおニャン子クラブです。

おニャン子クラブ全体をフルスペクトラムに例えるなら、ブロードスペクトラムは初のグループ内ユニット「うしろゆびさされ組」、あるいは、最近はキムタクと娘のCocomi & Koki姉妹という一家総出で話題を振りまく工藤静香…が所属していた「うしろ髪ひかれ隊」。

アイソレートはというと、グループ初のソロデビューを飾った河合その子やそれに続く新田恵利でしょうか。

さて、以上、それぞれの時代のグループの中で、カンナビノイドで一番人気(?)の問題児、THCに相当するのは誰なのか…

これを議論するのが一番面白そうですが、それは読者の皆さんにお任せすることにしましょう。

最尾におまけですが、前回のオレンジCBD記事でも触れたシンセCBD(合成CBD)。

これに該当するのはやはり…

…初音ミクですね。

ということで、今回はキャラ丸出しのカンナビでした。

では、また!

鎮痛薬を求めて合成「シンセ」CBD

誘われたら誘い返す、倍返しだ!…はイケませんが…