カンナビの井戸(cannabinoid)

CBD製品の「スペクトラム」とTHC

CBD製品の「スペクトラム」とTHC

こんにちは、 カンナビジオール (CBD) 情報局「カンナビの井戸」の「かんなび」です。

CBDオイルやリキッドなどの情報を見ていると「フルスペクトラム」という言葉がよく登場します。

これはCBD製品に含まれるCBD以外の大麻由来成分の混ざり具合によって大雑把に分類されているものの一つ。

この分類は製法が違うことによるという説明の仕方もありますが、基本的には成分の含有状態によって定義される分類で、製法のバリエーションはその含有状態を達成するための手段。

ということで、CBD製品を成分ベースで分類すると、大きくは3つに分かれます。

【決定版!】CBD選び方ガイド ~ カンナビ式CBD製品分類表 ~

「フルスペクトラム(Full Spectrum)CBD」

まず「フルスペクトラム」。

直訳すると「全域・全範囲」という意味です。

大麻草には、100種類以上存在すると言われるカンナビノイド(当サイト名『カンナビの井戸』はここから来ています)のほか、テルペン、フラボノイド、フェノールと呼ばれる数百種類の化合物を含んでいます。

その多くは大麻草特有の成分。

フルスペクトラムの場合、それらが「フルに」含まれています。

ただ、その中にはカンナビノイドの代表格であるCBDだけでなく、微量ながらいわゆる「ハイになる」違法成分のTHCも。

ちなみにCBDやTHCなどのカンナビノイドは、単独で抽出して摂取するよりも、大麻草に含まれる他の成分と一緒に摂取する方が生薬のような相乗効果(アントラージュ効果)があり、副作用も少ないとされています。

CBD商品タイプをアイドルグループにたとえると…

「ブロードスペクトラム(Broad Spectrum)CBD」

さて、フルスペクトラムと並んでよく登場する分類が「ブロードスペクトラム」。

これは「広域・広範囲」という意味で、カンナビノイド類などの大麻草の成分がフルに含まれているわけではないものの、「幅広く」含まれているタイプです。

通常、THCはまったく含まれていないか、含まれているとしても微量。

時には微量ながらTHCが含まれていてもブロードスペクトラムとして販売されるものがあるという点が、冒頭で「大雑把に分類」とした理由です。

ちなみに、たとえ微量であってもTHCは違法とされる日本では、この微量のTHCを含む「可能性がある」CBD製品が厄介なことは、以前も書いた通り。

海外の多くの国では、もともとTHCを完全に除去する技術や費用の問題があったことに加え、大麻の陶酔性や依存性がアルコールほど高くないという専門家の意見も踏まえ、「微量のTHCは許容しよう」ということで含有率の上限が設定されたという経緯があります。

THC含有量がその上限を超えていなければTHCを含んでいないのと「ほぼ」イコールと考えるので大丈夫だろうという割り切りです。

そのような製品は日本の法律では許容できないとしても、これらの国々では基本的には「THCを含まない製品」として流通してきました。

ちなみにアメリカの場合は乾燥重量ベースで0.3%以下であればヘンプと呼ばれる産業大麻としての基準に収まるというルールが2019年1月から運用されています。

かつては同じく0.3%だったヨーロッパ(EU)では、そのラインが20年ほど前に0.2%へ引き下げられました。

億千万の胸騒ぎ、日本のCBD市場の未来は…脱ガラパゴス・ジャパン!

「CBDアイソレート(Isolate)」

さて、3つめの分類は「CBDアイソレート」です。

「Isolate」とは「分離」という意味で、これはCBDだけを分離させて精製したもの。

CBD単独の効果だけを期待するのであれば 純度という意味でも良いタイプですが、前述のテルペンなども除去されてしまうためアントラージュ効果は期待できません。

ちなみに、このアイソレートにあとからテルペンを加えて「CBD Terpsolate」という分類で製品を出しているメーカーもありますが、上記3つの分類と同列に扱うほどの存在感はないようです。

ということで、以上がCBDの「成分ベースでの」主要3分類です。

そうそう、遅ればせながら、今回の画像は主にカナダで普通に販売されているTHC製品の一例です。

今週も相変わらず騒ぎが続くコロナウイルスの水際作戦ではありませんが、これだけTHC製品が当たり前のように出回っていると日本が水際で食い止めようとしても限界がありそうです。

では、また。

大麻事件報道で不安になったCBDユーザーは…