カンナビの井戸(cannabinoid)

【徹底解説】「CBDオイル等のCBD製品の輸入を検討されている方へ」(厚生労働省)【後編】

【徹底解説】「CBDオイル等のCBD製品の輸入を検討されている方へ」(厚生労働省)【後編】

こんにちは、 カンナビジオール (CBD) 情報局「カンナビの井戸」の「かんなび」です。

今日は前回の続きで、先週厚生労働省が公表した「CBDオイル等のCBD製品の輸入を検討されている方へ」という案内文書について解説します。

【徹底解説】「CBDオイル等のCBD製品の輸入を検討されている方へ」(厚生労働省)【前編】

ということで、今回はまず3ページ目です。

ここでは「パターンA」と銘打って、輸入しようとするCBD製品が「大麻草から作られている場合」に必要となる書類を説明しています。

ちなみに、続く4ページ目は「大麻草から作られていない場合」、つまり化学合成によるCBDから作られた製品の場合の必要書類です。

【2020.6.4 追記】
本ブログ記事の掲載後、厚生労働省はリンク先のPDFファイルを一部内容の異なる更新版と差し替えましたが、本ブログ記事の内容に大きな影響はありません。

■厚生労働省「CBDオイル等のCBD製品の輸入を検討されている方へ」【P3】

CBD(※)オイル等の CBD 製品の輸入を検討されている方へ
(旧リンク:https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000616263.pdf)
出典:「CBD(カンナビジオール)を含有する製品について
(厚生労働省 地方厚生局 麻薬取締部)

まず、個別の説明に入る前に一つ…

このP3の冒頭にある通り、書類の入手先は「製造元等から」と、「等」が入っています。

いずれの書類も基本的には製造元が提供するものです。

ただ、成分分析書は分析会社が公表したり(もちろん分析依頼者である製造元の了承を得てですが)販売業者が提供したりするケースもあるため、入手経路という意味では必ずしも製造元でなくても入手可能な場合があります。

【決定版!】CBD選び方ガイド ~ カンナビ式CBD製品分類表 ~

①証明書(P3)

この証明書は、前編でも触れた「大麻取締法で定義する大麻」に関するエッセンス(?)にも関連しますが、「大麻」の定義では除外される部位である「大麻草の成熟した茎又は種子 (mature stems or seeds of cannabis plants)」から抽出されたCBDであることを証明する文書ということです。

これは分析会社ではなく製造元でないと証明できないことですが、証明書といっても、見た目は日本の感覚だと後述の成分分析書に付随するカバーレター程度のものが一般的で、製造現場の責任者の立場にある人であれば「一筆書く」手軽さで用意することのできるものです。

ただ、欧米人の一般的な感覚の話として、内部的には「日本からの少量の注文のためにそんなものを書く必要はあるのか?」というようなブレーキがかかる可能性は十分にあります。

日本で流通しているCBD製品の中にはこの証明書を定型文書として用意しているメーカーもあるという話を聞いたことがありますが…

それよりも注意が必要なのは、輸入しようとする製品の『メーカー』が実はOEM製造を外注する『ブランド』だけのメーカーで、原材料となる大麻草の栽培やCBD製品の製造を行っていないケース。

そのような『メーカー』だと証明や証拠の信頼度は落ちます。

結局のところ、厚労省としては最終的には実際に輸入される製品を税関で検査して、もしTHCが検出されたら『成熟した茎や種子以外の部位が使用されているはず』というロジックを最後の砦にするしかないのでしょう。

それでも一応、実際の輸入手続段階になり結果的にTHCが検出されなかった場合や成分検査をしなかった場合でも記録として残る自己申告情報として、この①と次の②が必要とされている…と考えると、なぜこのようなプロセスや必要書類に落ち着いたのか分かる気がします。

海外CBD製品の輸入販売…とリスク ~ カンナビ質問箱より ~

②成分分析書(P3)

次は、成分分析書。

欧米ではCOA(Certificate of Analysis)という略称でも呼ばれる、含有成分の分析証明書です。

以前、リストアップしたことがあるのですが、CBDなど大麻成分の成分分析をする会社は全米に100以上あります。

欧米の大手メーカーでは成分分析設備を持っている場合も多いのですが、対外使用する証明書としては専門会社が分析したものを用意することが一般的です。

また、それをウェブサイト上で公開しているメーカもよく見かけます。

たとえば、微量ながらTHCを含んでいますがこんな分析書のように。
 ●101 CBD: LAB RESULTS – CBD CERTIFICATE OF ANALYSIS – CBD PESTICIDE REPORT

あるいは、最近アメリカで注目を浴びているこのメーカーのように。
 ●Garden of Life: CERTIFICATE OF ANALYSIS

 ●『日本のCBDユーザーこそ気にすべき?なのは…【前編】』
 (成分分析書の具体的な解説記事)

ちなみにロット番号やバッチ番号が省略されているものも見かけますが、その場合、「CBD製品のロット番号等輸入する製品が特定できる番号」が漏れているということで実際の輸入手続の場合は不可となる可能性があります。

ただ、今回の厚労省文書の主目的である「事前」相談機会の本来の意義を踏まえると、仮にロット番号等が記載されていなかったとしても、「実際に輸入する場合はロット番号などの記載されたものを製造元から取り寄せて下さいね」という親切な指摘とともに、まだ検討段階の相談者にとっては十分な判断材料となるような回答を貰える…のでなければいけないと思います。

【注意報】『円建て決済』海外CBD通販サイトにご注意!

③写真(P3)

さて、証拠(?)写真に関しては、原材料と製造工程それぞれの写真が必要になります。

「大麻草の成熟した茎もしくは種のみを利用していること(大麻草の葉、花穂、枝、根等を使用していないこと)を証明する写真」とありますが、この「のみ」、つまり「葉、花穂、枝、根等を使用していないこと」を証明する写真というのは、一般的には高難度の要件です。

どんな写真を用意したところで、違法とされる部位を「使用していないこと」の証明にはならないので…

ただ、「茎などの全体像が分かる写真」さえあれば良い!と解釈すればそれほど難しいことでもないでしょう。

とはいえ、前述の海外製造元による証明書(分析書ではなくレターの方)の場合と同様、内部的には「日本からの少量の注文のためにわざわざそんな写真を撮る必要はあるのか?」というような話になる可能性は十分にあります。

結局のところ、合理性や効率の追求が許容される産業構造の欧米CBD市場のメーカーが、成分だけでなく部位でも法規制するという日本の特殊事情にどこまで合わせてくれるのか…という話になります。

化学合成により得られたCBDの場合(P4)

さて、最後のページとなる4ページ目では「パターンB」として、輸入しようとするCBD製品が「大麻草から作られていない場合」、つまり化学合成によるCBDから作られた製品の場合の必要書類が記載されています。

■厚生労働省「CBDオイル等のCBD製品の輸入を検討されている方へ」【P4】

この「パターンB」は、化学合成によるCBDを想定しているため、当然のことながら「部位」が問題となる大麻草自体が関わりません。

このため、「パターンA」では使用部位の証明のために必要されていた「①証明書」の内容は、化学合成によるものであることの証明に置き換わり、部位確認のために必要とされていた「③写真」は削除されています。

ちなみに、欧米では化学合成されたCBDは主に医療分野での研究が進んでいますが、アメリカでは天然CBDよりも安価で有害な中国産の合成CBDによる健康被害が数年前から問題になっています。

これについてはまた別の機会に書きたいと思います。

では、また。

【徹底図解】正規輸入、並行輸入、個人輸入!…を意識したCBD商品選び