カンナビの井戸(cannabinoid)

はじめまして、 カンナビジオール (CBD) 情報局「カンナビの井戸」です。

はじめまして、 カンナビジオール (CBD) 情報局「カンナビの井戸」です。

はじめまして、カンナビジオール (CBD) 情報局「カンナビの井戸」の「かんなび」です。

最近、マスコミやSNSなどで、国内外の大麻製品や海外の大麻合法化が話題になることが多くなりましたね。中でも、「CBD」と呼ばれる大麻由来の成分を含む製品の話題が増えています。
たとえばCBDリキッド、CBDオイル、CBDグミ、CBDローションなど。

一般的には略称で「CBD」と呼ばれることが多い「カンナビジオール」は、大麻草に100種類以上含まれる「カンナビノイド」と呼ばれる化学物質のひとつです。

やはり略称で「THC」と呼ばれる「テトラヒドロカンナビノール」はマリファナのいわゆる「ハイになる」成分ですが、CBDにはそのような作用がない一方でリラックス効果などが人気呼び、いろいろなCBD製品が世界中で爆発的に流行しています。

日本でも、ネット上はもちろん、一部のCBD製品は店頭でも時どき見かけるようになりました。それとともに、「おや?」と思う情報を見かけることも増えました。

CBDや大麻については、もともと誤解や誤情報も多いため、正しい情報発信に少しでも貢献できればと思い立ち、このブログを始めることにしました。
日本では法的には「大麻=(イコール)違法」ではないのですが、世間一般のイメージとしては「大麻=マリファナ=違法」ですよね。

このため、大麻やいわゆる大麻由来製品の中でも、①違法ではないものや、②違法にする必要性が低いものが「マリファナの巻き添えを食っている」面があります。

ちなみに僕、かんなびは医療業界でコンサルティングの仕事をしているということもあり、CBDや大麻には少し縁や知識があります。そして、マリファナ合法化に関して、”今の日本では”合法化すべきではないと考えています。これには幾つか理由がありますが、それらは追い追い書くつもりです。

でも大麻全般に関して、行政や世間一般のスタンスが「臭いものにフタ」の状態が続くことに関しては違和感や危機感を感じています。

このブログでは、そんな僕のスタンスを反映する形で、CBD製品や大麻全般に関する情報を発信していきます。


宜しくお願いします!